勝手に勉強する!知って得すること

1話3分で読める!
家庭は子どもの自立サポーター
日常生活の中から「気づき」をお届け
子育て講座スタッフのRyokoです。

——–

よーいドン!
乗り遅れるな
先に行け
親が張り切る
入学式に

———-

今日は我が息子が通う
小学校の入学式でした。

ついこの間のように感じる
入学式から3年経ち。

先日、歯医者さんに行き
口の中を見るために
診察台を倒した時

息子の姿を見た
歯医者さんが一言

「大きくなったねぇ!」

確かに
身長が3年間で
10㎝以上伸び。

「すぐお母さんを
追い越しますね」
とも言われ。

確かに
息子を押さえつけられるのも
今のうちかも(汗)。

そうなのです

力づくで押さえられるのは
低学年まで
4年生くらいまででしょうか。


あの時に知って良かった!

息子が小学1年生の3月に
感情が爆発した時
まさに力づくで
押さえていました。

まだ「ひょいっ」と
体を持ち上げられる
体格だったため。

今では

「ひょいっ」どころか
「上がらない…」と。

あの時に知って良かった
放デイの存在を。
(※放デイ=放課後等デイサービス)

知らなければ
今のような落ち着いた生活は
できていなかったでしょう。

ただ

親子喧嘩が絶えない。

息子のために
お出かけしたり
体験教室に参加したり

息子のために
機嫌が悪くなる事は
事前に取っ払ったり
しているのに

なぜ親子喧嘩が
減らないのか?

「~のために」
とは、実は自己満足であり。

「自分はこんなにやってるんだぞ!」
と、わかってほしいのです。

それがわからず

「あなたのために、
こんなにやっているのに!」
と、よく息子に言っていたような…

そんな時

子育て講座を知り
正直、意気込んでいたわけでもなく
「まぁ、受けてみようか」
という軽い気持ちで始め。

今では

宿題が出ていない春休みでも
夜に勉強をする習慣が身につき

自分が体験したことに対する
振り返りができるまでになりました。


あの時に知って良かった!

お子さんが小学生になると
「勉強に置いていかれないように…」
と気になりませんでしたか?

(または、これから気になりませんか?)

もちろん、勉強は自立するために
とっても大切です。
特に小学校の勉強が理解できれば
生活していけますから。

ただ

勉強を理解する前に
知っておくべき事があり。

それを知っていれば
子どもが落ち着くだけではなく
親が何も言わなくても
勉強をやるようになります。

その先の

子ども自らが
体験したことに対する
振り返りができ

「次は、どうしようか?」
と考える力もつきます。

それが

子育て講座の
狙いでもあります。

なかなか奥が深いというか
中身が濃いです。

さて

昨日は息子のリクエストで
遠出をしたのですが


限界突破!親子二人旅

になりました。

のお話は次回に。

お読みいただき
ありがとうございます♪