最悪な一日!からのまさかの出来事

1話3分で読める!
子育てのイライラをふわっと手放す
日常生活の中から「気づき」をお届け
子育て講座受講生のRyokoです。

年中無休の母親業
お疲れさまです。

【最悪な一日!からのまさかの出来事】
という話です。

———-

昨日は1月4日。
仕事も放デイにも行かない
完全休暇の最終日でした。
(放デイ:放課後等デイサービス)

鉄道模型ジオラマ体験を
楽しみにしていた息子。

しかし

朝から息子と
何かしら言い合って


最悪!!!

の日で終わりました。

とはいえ

穏やかに
「おやすみ」
と言えたので
良しだなと思い。

息子は20時に先に布団に入り。
その後、お風呂に入って出ると
テーブルに白いコピー用紙が
1枚置いてありました。

「あれっ、何も置いてなかった
はずなのに?」

とよく見てみると

まま きょうは おこって ごめんなさい
ぼくは ままは たいすきたよ
まま おやすみ |  より

なんと手紙だったのです!
(濁点がないのはご愛敬)

泣きそうになりました。

素直で優しい子に育ってくれて
とっても嬉しく思い。

母も返事を書きました。

———-

今回のポイントは

息子が一日の出来事の
「振り返り」
ができたことです。

振り返りができたからこそ
「手紙を書く」という行為に
移せました。

これは深山先生に
教えていただいた
「気づき」です。

子ども自身が振り返りを
できるようになると
親子関係がグンと良くなりますよ☆