親から子へ一生涯のプレゼント

子育てのイライラをふわっと手放す
日常生活の中から「気づき」をお届け
子育て講座受講生のRyokoです。

過ぎ去れば
あっという間の
冬休み
明日からほしい
母のお休み

———-

今日は1月6日。
明日は我が息子が通う
小学校の始業式です。

2週間の冬休みが
やっと終わります(笑)。

今日は

【親から子へ一生涯のプレゼント】

という話です。

 

冬休み中
こんな言葉を
聞きませんでしたか?


暇だなぁ

親からしてみれば
羨ましい限りの言葉。

「何かしたら?」
「外へ遊びに行ってきたら?」

と言ったところで
やる事を見つけられないのが
子どもです。

これは
「仕方のないこと」
でもあります。

子どもの思考や行動範囲が
大人ほど広くはないので
どうしてもやる事が
限られてしまうのです。

ならば
やってほしい事があります。

それは


お手伝い

です。

以前にもお話ししたかも
しれませんね。

やっていても
「暇だなぁ」
と言うのなら
増やしてみては?

最初から飛ばすと
「疲れたぁ~」
と別の言葉が
聞こえてきますが(笑)。

息子の場合
毎食後の食器洗いを
していますが

冬休み中は時間がある
ということで


洗濯物干し

もお願いしました。

「えぇ~!?」
と言うかなと思いきや

意外に
「はぁ~い!」
と快く引き受けてくれました。

ただ

言うタイミングや
お願いの仕方など
「やって当たり前」
という気持ちを表さないのが
ポイント。

それから


やり方を否定しない

というのもポイントです。

子どもに限らず
大人もまず否定から入られると
気持ちが落ち込みませんか?

まずは

「やる!」と言った意思表示を認め
実際にやった行動を認める。

例えやり方が違っていたとしても
2つの段階を認めています。

ちなみに

やり方が違っていた場合は
最初は、そっと直し
慣れてきたら要望しました。

もう一つ忘れてならないのが
お手伝いをしてくれた人。

「あなたがいて助かったよ」
「あなたがいなかったら
お母さん全部、一人でやっていたよ」

自分を認められてこそ
誰かのために動くことが
できます。

最初はイヤイヤやり始めても
「認められること」
が積み重なると
子どもの自信に繋がり
その先には自己肯定感も高まります。

家庭の中でできるお手伝いが
人間の心の土台をつくる。

親から子へ
一生涯のプレゼント
になりますね♪