ストレスを溜める子にしてしまうNGワード

1話3分で読める!
子育てのイライラをふわっと手放す
日常生活の中から「気づき」をお届け
小学生家庭教育の学校
受講生のRyokoです。

今朝は冷たい雨降りで
スタートした愛知県。

今日は
【ストレスを溜める子にしてしまうNGワード】
というお話です。

小学3年生の我が息子は
悲しい事だけではなく
とっても楽しい事があると
思い出して大泣きしてしまいます。

昨日は

電車に乗って名古屋へ行ったこと
マジック体験をしたこと
特急電車を見たこと
など

息子にとっては
とっても楽しかったらしく
帰宅すると


また名古屋に行きたい~!
名古屋に会いたい~!
名古屋に住みたい~!

と大泣きしていました。

また行けるよ。
会いたい!?表現が面白いね。
住みたい!?よ、予算が…

本当~に
感受性豊かなところは
息子の特性です。

そして

今朝も大泣き。
に加えて

「学校行きたくない!」
「書写やりたくない!」
「ママと離れたくない!」

と後ろ向きな言葉ばかり。

それでも

だいたい朝食後は
食べたことで落ち着き

「朝はテレビ見ない」
と、習慣である朝食後のテレビは見ず
マジックの練習をしていました。

夕方に耳鼻科へ行くため
放デイには行かず
放課後はお留守番
ということもあり

まぁまぁ機嫌よく登校しました。

子どもが泣くと
つい言ってしまいませんか?


泣くな!

と。

泣くことに対してではなく
「泣き声を聞く」
ことが嫌なのであり。

良いことですよ
泣くって。

例えば

ドラマや映画を見て
号泣した後は
気持ちがスッキリしていませんか?

泣くことは
子ども・大人に関係なく


心のデトックス

になります。

子どもが

「あんなに大泣きしていたのに
もうケロッとしてる!」

というのは
心に溜まったストレスが
デトックスできた証拠なのです。

家庭で泣けるのは
家族が安心・安全な対象
とも言えますね☆

お読みいただき
ありがとうございます♪