一瞬で子どものやる気が出る!親の作戦

1話3分で読める!
子育てのイライラをふわっと手放す
日常生活の中から「気づき」をお届け
小学生家庭教育の学校
卒業生のRyokoです。

———-

暇だなぁ
一人で何も
できないよ
ちょっとの支援
夢中にさせる

———-

前回に引き続き
今回も「暇だなぁ~」ネタなのですが
お付き合いいただければ幸いです。

今日は
【一瞬で子どものやる気が出る!親の作戦】
というお話です。

曇り空から始まった日曜日。
息子とのお出かけから帰宅し
「遊びに行ってくる!」
と家を出て行ったのが
13時半頃だったか。
(母、お昼寝タイムに)

1時間ほどで戻ってきた息子。
どうやら雨が降り出したようで
解散となったそうです。

さて

困りましたね。

「暇だなぁ~」

言うと思いましたよ(汗)。

前回の記事のように
何か自分で見つけて
遊べると助かるのですが
そうそう上手くはいかず。

ブツブツ文句ばかり
うるさいなぁ~
お昼寝できないよ~

収まりそうになく
一緒にカレーを作るか
と提案すると

「やるやる!」

と乗ってくれ。
(本当は、お昼寝した~い)

ただ

「もう、お休み終わっちゃう」
「明日、学校嫌だなぁ」
「ママと離れたくない」

など
不満が出るわ出るわ(汗)。

たまらず久々に大喧嘩になってしまい
「僕、2階に行く!」
と息子が2階に避難しました。

あれれっ

以前は
母が2階に避難していたのに
逆転している。

面白い展開だね
と冷静な母(笑)。

しばらくして
2階から下りてきた息子。
「ママと離れたくない~!」
と大泣きしたのでした。

マジックを見るのが好き
実際にマジックが
できるようになると
得意にもなる

マジックが
自信となるといいね

と息子に話し
一緒にマジックの練習を
することにしました。

すると

何か思い出したのか
紙コップを持ってきて
遊び始め。

以前、テレビで
プラスチックの
コップを使った
大道芸を見て。

マジックではないですが
雰囲気は似ているので
好きなんでしょうね。

その大道芸の真似を
始めたのです。

二人で一緒に
積み上げてタワーを作ったり
ロケットに見立てたり
すっかりハマってしまった息子。

「暇だなぁ~」
の言葉は何処へやら
とってもご機嫌に
なったのでした。

就寝時は
「今日とっても楽しかった~」
と大泣きし
眠りにつきました。

ちなみに

月曜日の今朝は
意外に機嫌が悪くならず
「帰ってきたら紙コップで遊ぶ」
と上機嫌で登校しました。

今日は放デイに行かず
通学班で帰っていいよ
ということにしたのもあり。

子どもは親に比べて
人生経験が短いので
頭の引き出しも少ないです。

頭が柔らかいということと
引き出しの多さは
別個のように感じます。

そこで

親がリーダーシップをとったり
支援をすることで
子どもに考える機会を与えられます。

子どもの
「わからない」
という言葉は
本当にわからないこともあり。

そのまま終わらすのではなく
親がリーダーシップをとれると
いいですね。

お読みいただき
ありがとうございます♪