人生初☆最高金額のお買い物〜息子編〜

子育てのイライラをふわっと手放す
日常生活の中から「気づき」をお届け
子育て講座受講生のRyokoです。

 

お年玉
好きに使えと
言ったけど
何を買うのか
調査する母

———-

昨年は詩を書いてきましたが
今年は短歌にチャレンジです☆

子育てや日常生活を
面白おかしく
たまにはホロリと
表現していきます。

———-

母とお父さんの実家に行った息子。

お年玉の合計金額は


2万8000円

小学3年生にしては
大金が一気に入ってきました!

さて

何を買うのか
どのくらいの金額を貯金するか
事前に計画書を作成し。

本日、いざ実行!

朝からソワソワし。
車で10分あれば行ける
ショッピングモールなのに

「9時30分には出発しよ」

と10時開店にしては早すぎない!?
と待ちきれず。

鉄道模型コーナーへ一番乗り。

お目当ての物を探すも
なかなか見つからず。

「特急はくたか」の3両連結車両が
ほしかったらしいのですが。

ふと、横を見ると
「特急しらさぎ」の3両セット売りを
見つけた母。

5,000円の予定でしたが
値段が違っているかもしれない
ということで余分に8,000円持参し。

結局、6,600円
「特急しらさぎ」の3両セットを
買いました。

もう一つ

電車を走らせる体験コーナーを
お年玉でやりたい息子。

「明日にする。
楽しみがなくなっちゃうから」

今なら空いていて
待たずにできるのに…
と思ってしまった母でしたが

息子なりに考えてのこと。

ついつい効率性を考えてしまうのが
親というものですね。

子どもの自主性を育てるには
子どもの意見を尊重することから
始まります。

ということは、
明日もショッピングモールですか!?

お正月休みがほしいなぁ
と思う母なのでした。