世渡り上手は手を借りる

子育てのイライラをふわっと手放す
日常生活の中から「気づき」をお届け
子育て講座受講生のRyokoです。

小学3年生の我が息子には
毎週土曜日の朝に
1週間分のお小遣いを渡します。

ちなみに

今週は115円。

1ヵ月500円以内の査定です。

おもちゃが大好きで
100円ショップで吟味します。
何を買うかはお任せ。

箱を見ると
ドクターイエローが。
「プラレールのミニね」
とさほど気にもせず。

ところが

「あぁ、難しい!」
という息子。

見るとプラレールではなく
極小レゴ(゚д゚)

組み立てるのね。
結局、夜に組み立て始めたものの
全然進まず。

何でそれを選んだの!?
と不思議に思い
翌朝を迎えました。

朝食を終え
自由時間に。

息子を見ると
集中して極小レゴを
組み立てていて。

スゴいね!

母だったら
「もうや〜めた」
となるけど(笑)。

特別好き!
というものではないはずだけど
やると決めた時の集中力のスゴさ(;O;)

ただ

悪戦苦闘中。

どうにか完成させたく
「手伝おうか?」
と申し出る母。

本当に
何でこんな極小レゴを選んだの!?
と思いながらも手伝い。

こんな感じでいいんじゃない!?
と家電の取説を読まずに
取りあえず操作してみる感覚で
極小レゴを組み立て。

何となく完成☆

完成品を見ると
気持ちが高揚し⤴

組み立てて良かったね(^^)
と結果良ければ全て良し☆


世渡り上手は
手を借りる

人の手を借り
助け合うことの
必要性を感じられれば
気持ちが楽になりますね♪

前の記事

人間らしく生きる

次の記事

子の心 親知らず