良い子でなくてもクリスマス

子育てのイライラをふわっと手放す
日常生活の中から「気づき」をお届け
子育て講座受講生のRyokoです。

早速ですが
詩をプレゼントいたします☆

———-

〜良い子でなくてもクリスマス〜

プレゼントは
頑張ったご褒美であり

何もしないのに
もらおうなんて
図々しい

ただ

頑張れるのは
褒められるから

生きている意味を
感じられるから

人間として生まれてきた尊さを
感じられてこそ
「良い子」という言葉を受け取れる

すべての子どもが平等になれる
クリスマス

この世に生まれてきてくれて
ありがとう

———-

Merry Christmas

確か、息子が保育園の時の
クラス便りに

クリスマスプレゼントは


生まれてきてくれて
ありがとう!

の意味を込めて
全ての子どもに贈られる

良い子にしていないと
もらえないよ
ではなく
すべての子どもが平等に

という文面を読んで
納得した覚えがあります。

言いがちですよね
良い子にしていないと
サンタさんからプレゼントを
もらえないよと(^_^;)

自分が生きている価値を実感できる
「存在承認の土台」があってこそ
社会に適応した行動が
できるのでしょう。

さて

我が家にもサンタさんが
やってきましま!

すると

息子が驚くべき行動をし…
は次回へ☆

前の記事

Busy Christmas Eve

次の記事

家庭教師 第11回