息子が見せてくれた子供の情景

子育てのイライラをふわっと手放す
日常生活の中から「気づき」をお届け
子育て講座受講生のRyokoです。

今日は12月27日。
無事に仕事納めを迎えました。

数日前は雪の予報で
会社に行けるか心配しましたが
晴天に。

ただ

昨日は予報通り
最高気温は0度近く
朝から雪が降っていた愛知県でした。

そんな雪の日の話題です。

雪を期待していた息子は
起きるなり大喜び\(^o^)/

冬休み中で
7時30分に起きた息子は

「遊んでくる」
と、素早く着替え
2階のベランダで雪遊び。

雪が降る中
一人でずーっと
雪を触っている息子。

途中、休憩がてら朝食タイム。

その後は雪遊び再開。

「ママ、雪合戦しようよ!」
と誘われたものの
「お母さんは濡れたら困るから」
と遠慮し。

遠慮したものの

「雪が降ったら雪合戦したいよな…」

とダウンコートを着て
長靴を持ってベランダへ。


雪合戦しよう!

息子は
「えっ、濡れていいの?」
とちょっと驚いた感じで
お互いのコートめがけて
雪を投げ合ったのでした。

とはいうものの
早めに切り上げた母は1階へ。

「まだ遊んでる」
と息子は放デイのお迎えが来る
10分くらい前まで雪遊びを満喫。

9時20分頃
放デイのお迎えの車に乗り込み。
母も雪の降る中、出勤したのでした。

そんな一時(ひととき)から
思い浮かんだのが

シューマンのピアノ曲集
「子供の情景」

20代の頃は弾きこなすのに必死で
曲名の意味を込められず。

「将来、子どもが生まれたら
弾いてあげたい」

と思ったものの
結構、難しく(゚Д゚)

と話しが脱線しましたが

「子どもらしい姿」

というのは今しかない。
時は戻ってこない。

雪がシンシンと降る中
息子に「子供の情景」を見せてもらった
母なのでした。