子の心 親知らず

子育てのイライラをふわっと手放す
日常生活の中から「気づき」をお届け
子育て講座受講生のRyokoです。

色々と書きたいことが
あるのですが
今朝の話題を

今日は月曜日。
先週・先々週の月曜日は
学校をお休みした我が息子。

今朝は登校しました。

「すごろくをやるんだ♪」

とは言っていたので
楽しみがあるわけですが

かといって
喜んで登校するかと思えば
そうでもなく。

「今日は交流(級)行きたくないな」
「勉強ばっかだもん」

と登校時間が近くなると
だんだんと不機嫌になり( ゚д゚)

「勉強するのは大人になって
一人暮らしができるようになるためだよ」
「学校に行くから
お休みの日にお出掛けできるんだよ」
「そんなに行きたくないなら休んだら?」

と反論する母。

家で自らアウトプットするくらい
しっかり授業の内容を聞いているから
板書ができなくても大丈夫。

「何か言われるかも」
という心配事の9割は起こらない。

応援の意味を込めての
甘えるなというメッセージ。

なのですが

ふと思いました。


親の機嫌を押しつけた結果

ではないかと。

というのは
こんな事があったからです。

朝食後にテレビを見終わったのが7時。
朝食時間が6時25分と早いこともあり
テレビを見終わった後に
おにぎりを食べる息子。

それでも時間に余裕があり。
今朝はキラキラ折り紙を出し
並べて楽しんでいました。

「僕、この色が一番好きなんだ!」

息子が示したのは青色のキラキラ☆
(キラキラの呼び名はありますか?)

「そう言うと思った!」
「きれいだよね♪」

など心の中で思ったのですが
その時、夕食の下準備をしていた母。

野菜をみじん切りにしていたにしろ
話すことぐらいできるじゃない?
なぜ言わない?
と今では自分に突っ込みたくなりますが。

つまり

息子の会話に反応しなかった母。

それでは面白くなく
「学校行きたくない」
と息子が言うはずです(^_^;)

子どもにとっては
宝物のように特別感のある
キラキラ折り紙。

子どもならではの純粋な心を
親の勝手な機嫌で消さないよう
気をつけねばと反省したのでした(_ _)

帰宅したら
まだキラキラ折り紙の話題に
興味はあるかな?

前の記事

世渡り上手は手を借りる

次の記事

母親と憂さ晴らし