子どもにイライラ!はデモ隊で解決せよ

1話3分で読める!
家庭は子どもの自立サポーター
日常生活の中から「気づき」をお届け
子育て講座認定講師の吉村です。

子どもにイライラすることは
ありませんか?

遊んでばっかりだったり
危なっかしい行動をしたり
全然、宿題が進まなかったり

そんな行動を見て
イライラしそうになったら


デモ隊を出動!

させてみましょう。

「デモ隊って何?」の前に

どうして子どもに
イライラしてしまうのか?


親の思うように動いてくれない

というのが
一つの要因に挙げられます。

子どもの言動力は
大人と同じ力量を持っていません。

それは単純に
人生経験の長さの違いです。

同じ土俵には立てません。

とはいえ

「どうして早く帰ってこないの?」
「どうして危なっかしいことをするの?」
「どうして宿題が進まないの?」

とイライラするのは
当たり前の感情です。

ただ

イライラすると疲れますよね。
省エネで生活したいですよね。

そんな時に
デモ隊を出動させるのです。

例えば

帰りが遅い

でも、無事に帰って来た

危なっかしい

でも、怪我をしなくてよかった

宿題が進まない

でも、机に向かっている

「でも」と変換させて
ワンクッション置くことで

ちょっと頭がクールダウンし
感情のままに怒ることから
冷静に注意することができます。

急にはできませんが
訓練することで
できるようになります。

そうなると

子どもにとっても
怒られる回数が減り
楽しい子育て生活に近づけます。

さて

通学班でではなく
お一人さま登校をしていた
我が息子。

あるきっかけから先生に知られ
(隠していたわけではありません)
昨日からお二人さま登校に。

お二人さまとは息子と母。

歩いて3分の距離。
他の通学班もゾロゾロ来て
息子も混ざるからいいのに…

でも

遠回りして戻れば
太陽の光を浴びて
体が目覚めるか

と「デモ隊」を出動させ
マイナスからプラスに変換させ
一日が始まったのでした。

お読みいただき
ありがとうございます♪