月曜日の雨降りと、学校と、息子と

子育てのイライラをふわっと手放す
日常生活の中から「気づき」をお届け
子育て講座受講生のRyokoです。

今日は月曜日。
雨降りで始まった愛知県。

休み明けの月曜日
加えて雨降りの天気。
気持ちが乗らない条件が揃っていますね(*_*)

小学3年生の我が息子。
ただいま、「見えない敵」と戦っています。
(↑本人がそう言っていました)

支援級に在籍しているのですが
訳あって、支援級も交流級も同じクラスの
同級生がいます。


学校行きたくないよ~

今朝、大泣きした息子(T_T)
その同級生に毎日、何かしら言われるらしく。

以前から、母も気になり
学校の連絡帳に思いを記したり
学校の先生と電話で話したり
何かしらアクションは起こしているのですが

何も進展がなく。

「今日は学校休みたい」
「明日は学校に行こうね」

と約束して、留守番してもらうことにしました。

(母は出勤。お昼休みには様子を見に戻り)

子どもに「学校休みたい」と言われたら
休ませてあげたい気持ちと
「明日も休むって言ったらどうしよう…」
という二つの思いが存在しませんか?

以前は、何とか学校へ行ってもらっていたような…

ただ

今は「承認の土台」があるので
必要以上に息子の顔色を伺うことなく

「休んでいいよ」

と言うことができました。

親子の信頼関係が築ければ
強い絆も築けます。

必要以上に「学校を休む」ということを
恐れなくなります。

と言いながら

明日は登校できるかな?